エチラームの効果

エチラームは緊張を抑える働きのある薬デパスのジェネリック医薬品として日本国外で販売されている医薬品です。
病院に通院し、医師に処方され、抗うつ剤などとしても広く使われているデパスのジェネリックということもあり人気があるようです。

精神科などを受診するとよく処方される抗不安薬デパスとは名称こそ違いはありますが、ジェネリックとして販売されている以上、成分などは同様だと思われます。そのため、エチラームの効果や持続時間、副作用などについてはデパスと同様と考えて良いでしょう。
緊張時に起こる不安などを抑制し、心を落ち着かせるリラックス効果が得られるはずです。

エチラームに含まれるエチゾラムという成分は緊張を抑制する効果があります。
緊張の強い場面で不安感などを取り除き、筋肉の緊張をほぐすなど高いリラックス効果を得ることができます。
ベンゾジアゼピン受容体というタンパク質の働きを調節し、不安を感じる神経の活動を抑制する働きがあるため、異常な緊張感を感じることなく、脳の興奮を和らげることができます。
精神論ではどうにもならないようなあがり症状でも科学的に抑制することができます。

エチラームの効果の中でとりわけ優れているのは抗不安作用ですが、ほかにも鎮静作用、催眠作用、筋弛緩作用などもあります。使用により見込めるのはうつ病で起こる不安や緊張、睡眠障害の症状、神経症で起こる不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、神経衰弱の症状、心身症で起こる 不安や緊張、睡眠障害、抑うつ、身体症状、統合失調症で起こる睡眠障害の症状のほか、筋収縮性頭痛、腰痛症、筋緊張頚椎症に対しても効果を発揮してくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です