エチラームの副作用

エチラームは精神安定剤デパスのジェネリック医薬品です。デパスは1984年に現在の田辺三菱製薬によって製造販売が開始されました。神経衰弱、不安、緊張、抑うつ、睡眠障害、パニック障害、心身症、うつ病、神経症、統合失調症の症状に伴う頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛に有効的で、即効性があって短期治療が可能ですので、非常に人気があるお薬ですが、副作用はどういうものでしょうか。

エチラームの長期服用により、耐性や依存性が生じる可能性があります。薬によって神経の興奮を抑えた状態が続くと、それに抵抗するために身体は神経を興奮させる物質を増やし神経シグナルを増強させます。

他には、めまいや疲労感、脱力感、ふらつき、頭痛やうつ、混乱、幻覚歩行失調、発疹や吐き気、口の乾燥や性欲の変化なども見られる場合があります。
高齢者やお子さんが服用した場合には、効果が強く出てしまうこともあり、精神面や行動面での変化、攻撃性が高くなったりしてしまいますので、使用には注意が必要です。
特に高齢者の方は、ふらつきから転倒してしまうことがありますので、薬を服用した後の行動は、気をつけましょう。

さらに、長期間使用すると薬に対しての耐性がついてしまい、効果が現象してしまったり、薬に対する依存性が出てきてしまいますので、症状が現れてきたらすぐに医師の診断を受けなくてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です