うつ病の自分診断|うつ病対策

うつ病早期予防のための自己診断

うつ病と言えば、やる気が出ないとか元気がないと言った物が主な症状となります。ただ日常生活に支障をきたしてしまう事も多く、悪化させてしまわない為にも早期発見早期治療が必要です。しかし以前に比べると気分が浮かない、元気がないと言っても、なかなか本人にはうつ病だと感じる事ができない場合もあります。

もしかしたら自分自身が気づいていないだけで、実は心が疲れてしまっているかもしれないので、早めに正しい対処法を行う為にもチェックリスト等を使って調べてみるのは良い事です。チェックリストで問われる内容は、それほど難しい事ではありません。

日頃の気分、体調、食欲、興味関心等です。インターネット上にもあるので、利用してみるのも良いでしょう。時間的にも1分から2分程度で診断できるので、とても手軽に行う事ができます。その点数によってうつ病の傾向があるかどうかを判断します。

また、うつ病かチェックしてみると心がどれくらい疲れているかも分かるので最近疲れがたまっている人も試しに行ってみるのも良いでしょう。
そうして疲れていると診断されたら、何かストレス発散を心がけたり、休暇を取ってみるのも賢い選択です。
チェックリストはその人に対して鬱傾向があるかどうかが分かります。

またその前の段階で注意する必要があるかどうか、心配しなくても良いかも分かります。うつ病は決して自分はならないという病気ではありません。誰にでもなる可能性があるものだと思っておく方が無難です。

したがって前もってチェックしてどういった傾向になっているかを調べてみるのは予防する点から行っても効果的と言えます。
ただ一つのチェックを利用すると、もしかしたら鬱傾向にあると診断されてしまう可能性もあるので注意が必要です。

1つの診断結果で判断してしまうのではなく、2つか3つ試してみるのも良いでしょう。そうして多く診断された方の傾向が現時点の自分にはあると判断する事もできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です