うつ病とは何か?

うつ病薬とは文字通りうつ病を改善、治療する薬のことです。ではうつ病は何か、その症状は何かをここで紹介します。眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめないといったことが続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。脳がうまく働いてくれないので、ものの見方が否定的になり、自分がダメな人間だと考え、罪悪感を感じてしまいます。また、頭が重いや頭痛、身体各部の痛みを感じ、口が渇き、便秘、更に自殺したいと考えているのもそのうつ病の症状です。

うつ病がなぜ起こるのかについてはまだよくわかっていませんが、さまざまな研究から少なくとも単一の原因から起こるのではなく、いくつかの原因が複合的に影響して発症すると考えられています。特に、うつ病になりやすい遺伝的素因やストレスを受けやすいまじめな性格など、本人がもつ生物学的要因や心理学的要因が素地としてあり、それに外的なストレスなどの環境要因が作用することで発症が促されると考えられています。

双極性障害の患者さんが「うつ病」と診断されると、通常、抗うつ薬が処方されます。しかし、双極性障害の患者さんに抗うつ薬は効きにくく、場合によっては治療の効果が低くなったり、突然「躁」になる「躁転」を起こす可能性や、不安定な「急速交代型」に変化することがあるので注意が必要です。副作用によってうつ病を引き起こしやすいものとしては、「インターフェロン」という薬が有名です。インターフェロンはC型肝炎の治療でよく利用される薬で、副作用としてはインフルエンザ様の症状、不眠・幻覚・不安・傾眠などの精神神経症状があります。そのなかの一つに、抑うつ症状も含まれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です