うつ病になりやすい人の性格特徴

うつ病は、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。うつ病患者に対する調査によって、うつ病になりやすい人の性格特徴をまとめ、以下のようないくつかの共通点があります。

生真面目
生真面目な人は、外的ストレスがなかったとしても、「今日の仕事はイマイチだった…」などと自分を責め、ストレスを自ら生み出してしまいます。また、決まった秩序の中で過ごさないと安心できないタイプ。決まった形が乱されたり、臨機応変な対応を求められたりすると、気分が落ち着かなくなる。

責任感が強すぎる
人のせいにする事ができず、何でも自分で背負ってしまうので、ストレスをためやすいです。人のせいにせず、自分の責任として捉えられるのは素晴らしいことですし、リーダーとしても優れていますが、原因があなたでない事に対しても、自分で何もかも負担を背負おうとしてしまう傾向もあるため、人よりストレスが大きくなりがちです。責任感が強すぎると自分ばかり犠牲にして精神的負担がさらに重くなるので、損になってしまいます。時には自分に甘くしてあげる事も大切です。

消極的な感情
安/悲しみ/焦りといった精神的な特徴こそ、うつ病の最大の症状だといえます。初めは「楽しいことがあればいいなぁ。」という感覚が残っていたとしても、自然とそうした感覚が無くなり、何もしようとしない自分に焦りを感じ始めます。そのうち「自分は何をやっても駄目だ」「何をしたってムダなんだ」という感覚に襲われ、最後は悲しいことがあったわけでもないのに泣いてしまう自分が見えてきます。

うつ病になると、どんな症状が見られている?

うつ病とは
うつ病とは、体の病気、人間関係や環境の変化などでストレスを感じることをきっかけとして食欲、性欲、睡眠欲という3大欲求の低下に伴って発症する精神障害の一種です。具体的な原因はわからない場合が少なくないと言われています。調査によって仕事を中心とする現代社会で軽度、また中等度や重度のどちらでも、うつ病を持っている人は多くなっています。

最近、よく見られている定型うつ病に対して、非定型うつ病は新型うつ病として注目されています。定型うつ病は好きなことをするときでも気分が落ち込み、意欲がわかないなどの抑うつ症状が続いていく特徴があり、非定型うつ病の場合、自分の好きなことをしているときは、なんら問題はありませんが、嫌なことをしているときに抑うつ症状が激しく見られます。

うつ病の症状
うつ病の症状というと、一般的に精神症状と身体症状の両方から現れてきます。

精神症状
一般的にうつ病の自覚症状として精神症状がもっと目立つと言われています。具体的に言えば、何に対しても興味がわかない、気分が落ち込む、長時期に悲しい気持ちに陥り、集中力が低下して仕事の能率が落ちた、やる気がない、社交を避けるなどの症状があり、更に重症化の場合、死にたくなる気分が出ることができます。それで、うつ病を気づいたら、早めに治療を受けることが大切です。

身体症状
全身倦怠感、疲労感、食欲の減退、動悸・息苦しさ・口が渇くなど、さまざまな症状があるといわれています。また、不眠や眠気など睡眠に関わる症状も、うつ病ではよくみられる症状です。うつ病に特異的といえる睡眠障害は存在しませんが、中途覚醒や熟睡感の障害はよく訴えられる症状です。また、頭や肩、腰などに「重さや痛み」などの症状が現れてくる場合、うつ病になる可能性がありますが、注意してください。

うつ病薬紹介!・エチラーム

うつ病
うつ病について理論的な解釈は気分障害の一種であり、抑うつ気分、意欲・興味・精神活動の低下、焦燥(しょうそう)、食欲低下、不眠、持続する悲しみ・不安などを特徴とした精神障害であります。

うつ病の原因
「うつ病はなぜ起こるのか?」とはっきりした原因はまだよくわかっていませんが、脳で働く神経の伝達物質の働きが悪くなるのと同時に、ストレスやからだの病 気、環境の変化など、さまざまな要因が重なって発病すると考えられています。大切なことは、うつ病はただ1つの原因のみで発病するのではないということであります。

環境原因
1.子供の時には厳しい体験がありました。
2.家族や親戚など死亡でありました。
3.仕事や財産一瞬的になくなってしまった。
4.人間関係
5.退職、離婚
6.妊娠、育児そして引越ので環境を変化

体の原因
1.慢性的な疲労
2.ある病気になりました
3.生理、更年期障害のでホルモンが変化
4.避妊薬を服用

うつ病はさまざまなストレスのうちで特に多いのは「人間関係からくるストレス」と「環境の変化からくるストレス」です。例えば「身近な人の死」や「リストラ」などの悲しい出来事だけではなく、「昇進」や「結婚」といった嬉しい出来事や環境の変化から起こることもあります。
どんな人がうつ病になりやすい
うつ病になりやすい人はまじめで責任感が強く、人あたりもよく、周囲の評価も高い人が多いということがいわれています。

これによって自分の許容量を超えてがんばりすぎたり、ストレスをため込んでしまうため、こころのバランスを崩してしまいます。すべてに完璧を求めるのではなく、物事に優先順位をつけてやっていくようにするなど、考え方を変えていくこともうつ病になりにくくするためには重要です。

うつ病の症状
うつ病の症状はこころとからだの両方があらわれます。からだの方はこころの症状に比べるとわかりやすいものであります。

こころの症状は「抑うつ気分」、「思考力の低下」また「意欲の低下」であります。
体の方は「睡眠の異常」、「食欲の低下」、「疲労、倦怠感」、「ホルモン系の異常」また頭痛、肩、背中、四肢関節などさまざまな部位が痛む、便秘、心臓がドキドキする(動悸がする)、胃の痛み、発汗、息苦しさ、窒息感など様々なあります。
上述により、うつ病になったら治すことができますか?実は うつ病に対して専門な治療薬があります。今から少し紹介しています。

デパス
デパスは「精神安定剤・心身安定剤・抗不安剤」の薬で、脳の興奮状態を緩和するために製作された。

デパスの成分
デパスの成分はエチゾラムという神経系に働きかけることで鎮痛するための成分です。

成分エチゾラム
成分エチゾラムは、チエノジアゼピン系に属する抗不安薬であり、ベンゾジアゼピン系と同様の作用を持つ。

成分エチゾラムの作用機序
薬効、薬理についても、シナプス後細胞側に存在するGABAA受容体に結合することによりCl-イオンを透過させやすくし、神経細胞の膜電位を負の方向に過分極(活動電位の閾値に到達させる方向とは逆方向)させることで神経細胞全体としては興奮が起こりにくくなり、脳神経活動全体に対して抑制的に働く。

デパスのジェネリック系エチラーム

エチラーム
エチラームはエチゾラムを成分とし抗うつ剤としてそして国内で一番利用されているデパスのジェネリックまた、幅広い精神薬(うつ病・自律神経失調症・パニック障害)の薬であります。

デパスのジェネリック
ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉である。では、医薬品の場合はジェネリック医薬品とはつまり、特許が切れた医薬品を他社が作成した後発医薬品です。

だから、デパスのジェネリックとは先発薬デパスの特許が切れた、デパスと同じ有効成分、同じ効き目を持つ、でも価格の方がもっとやすいということであります。

エチラームの成分と作用機序
ジェネリックの意味によってエチラームの成分はデパスと同じで、エチゾラムという成分であります。

そして、作用機序も同じで、シナプス後細胞側に存在するGABAA受容体に結合することによりCl-イオンを透過させやすくし、神経細胞の膜電位を負の方向に過分極(活動電位の閾値に到達させる方向とは逆方向)させることで神経細胞全体としては興奮が起こりにくくなり、脳神経活動全体に対して抑制的に働くということであります。

エチラームの効果
エチラームはデパスとほぼ同じで、抗うつ、不安感、緊張感解消そして痙攣予防、腰痛症緩和に対応して効果があります。

エチラームの副作用
エチラームの主な副作用の症状はけん怠感、脱力感、依存性、眠気まだふらつき等であります。

エチラームの服用方法は
1.神経症、うつ病の場合
成人は1日3mgを3回に分けて服用してください。(高齢者は1日1.5mgを上限)

2.睡眠障害の場合
成人は1日1~3mgを就寝前に1回服用してください。(高齢者は1日1.5mgを上限)

3.心身症、頸椎症、腰痛症、筋収縮性頭痛の場合
成人は1日1.5mgを3回に分けて服用してください。(高齢者は1日1.5mgを上限)

注意するところは
エチラームを服用すると眠気が出る場合がありますので車や機械類は操作しないようにしてください。

オススメサイト情報

★うつ病は辛いですよね。自分が悩む同時に、家族、友達、愛人も悲しいでしょう。当サイトは販売ではなく、軽く人生をあなたに送るのは目的でございます。早くうつ病を完治し、軽い人生を迎えましょう!当サイトで抗うつ剤一覧と精神安定剤一覧がありますので、あなたにふさわしい治療品は探せます!

▼他の医薬品オススメ

男性用精力剤レビトラ

最新ED治療薬シアリス

勃起不全対策方法

早漏

媚薬

精力剤